相場師朗先生の「一生モノの株のトリセツ」を購入しました

前作よりもさらに実践的な内容が盛りだくさん!

相場師朗先生の新刊「一生モノの株のトリセツ」では、前作の「株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業」よりもさらに実践的な内容が惜しみなく紹介されています。

たとえば、株価の流れを読むために必要な「移動平均線の見方」や、売買の「目印」です。

この目印は、相場先生が毎日のトレードで実際に使って利益を上げているものです。この本では、「5つの買いシグナル」と「5つの売りシグナル」のトータル10の目印が紹介されています。

また本の最後には、短期売買の手法である「ショットガン投資法」の詳細説明があります。ここでは前述の10の目印を使ったショットガン投資法のやり方が紹介されています。

この本を何度も何度も繰り返し読むことで、ある日、相場先生の説明がストンと腑に落ちる時が訪れます。そうなれば「基本の型」を習得できたと言えるでしょう。

やはりシンプルなやり方が一番上手く行く

相場先生のトレード手法は非常にシンプルです。

トレード判断を下すのに必要な情報はは、「日足」「週足」「月足」「移動平均線」「前の高値・安値」「日柄」「新値の本数」、そして「節目」のみです。たったこれだけです。

あまりにシンプルなやり方のため、相場先生のセミナーに出席した参加者には、「相場先生のやり方はあまりにもシンプル過ぎる。他になにか隠しているのはないか?」と疑問に思われた方もいたようです。

この本では、基礎力の養い方や売買シグナルが実に詳細な形で紹介されています。まずはその中から1つまたは2つの目印を徹底的に理解して、「得意技」を習得すればよいと思います。

一生使える「ショットガン投資法」と「ショートトレード法」の解説

この本の最後には、相場先生が開発した短期売買法である「ショットガン投資法」と「ショートトレード法」の詳細な説明があります。

ショットガン投資法の基本戦略と実践方法、そして10の目印をどのように使って利益を上げて行くかが丁寧に解説されています。この項を何度も読み返すことで、この2つのトレード法の基本形が理解できます。

まずは一つの技に集中して練習して、ショットガン投資法の精度を高めることを目標をすればよいと思います。一つの技を究める前に他の技にも手を出してしまうと、結局、どの技も疎かになってしまいます。

ショットガン投資法が上手く行くようになれば、建玉の操作を使うショートトレード法が楽にできるようになります。

巻末に紹介されている練習用の100銘柄

この本の巻末には、相場先生が選んだ実践練習用の100銘柄が紹介されています。

どの銘柄で練習すればよいか迷っている方にとっては、大変有難いことです。

僅か千円ちょっとの値段でこれほどまでに深い内容のトレード実践本は、他にはないと思います。決して出し惜しみしないという、相場先生の気持ちが伝わってくる一冊です。


一生モノの株のトリセツ 相場 師朗 (著)

タイトルとURLをコピーしました