「株は技術だ、一生モノ!」の本編動画前半を徹底レビュー!

本編動画セクション1~5を紹介

前回の記事に引き続きまして、今回の記事では「株は技術だ、一生モノ!」の本編動画をレビューします。

セクション1「株価は上げ下げを繰り返している」

株価は上げ下げを繰り返しています。株価が上昇した後は下落して、下落した後は上昇します。

考察すべきは、「上昇した後の下落はどこまで何か?」、また、「下落した後の上昇はどこまでなのか?」という点です。ここに株価の動きの法則が隠されています。そして、この法則を利用するのが株で利益を上げるための秘訣です。

このセクションでは当たり前のことが話されていますが、さらりと聞き流すのではなく、実際に株価チャートをよく見て学ぶことをおすすめします。

セクション2「業績は見ない」

株価は業績だけで上げ下げしているのではありません。もっと重要な要因は「需給」です。

相場先生のトレード手法は、株価チャートから得る情報のみを利用して利益を上げて行きます。

また、相場先生の手法は一握りの天才しかできないやり方ではなく、練習次第で誰でも上達できるやり方です。

セクション3「株価の動きは決まっている」

株価の動きはランダムウォークではありません。

もし予測不能であれば、世の中の株式トレーダーは誰も利益を上げることができません。しかし、実際にはトレードで利益を出し続けている人はいます。

株価はあるきまったパターンで動いています。株価の動きの特性を知ることで、それを利用して利益を上げることができます。

セクション4「「上げ」が半分、「下げ」が半分」

大まかに言って1年の半分は上昇であとの半分が下落です。

上昇相場だけを狙っていては全体の半分しか儲けるチャンスがありません。しかも、1年の半分である上昇期間のすべてで上手くわけではありませんので、実際に利益が取れるチャンスは半分の半分以下ということになります。

従って、空売りの技術も習得すれば下げ相場も狙えるようなりますので、すべての局面において儲けるチャンスが出てきます。

上昇相場と下落相場の内の半分を取れるようなれば、トレードの成功率は高くなります。

セクション5「どの銘柄も個別の動きをしている」

株価は業種や会社によって、それぞれ独自の動きをしています。

業種別に手掛ける銘柄を分散させておけば、一つの銘柄で利益を上げたあと、得意パターンに入ってきた別の銘柄を手掛ける・・・、それが終わった後は得意パターンに入ってきたまた別の銘柄を手掛ける・・・という具合にトレードすることができます。

次回の記事では本編動画の後半をレビューします!

当サイト経由で「株は技術だ、一生モノ!」を購入するメリット

私のサイト経由で「株は技術だ、一生モノ!」をご購入頂いた方へのプレゼントとしまして、「当サイトオリジナル特典」をお付けしています。

あなたのトレード技術の上達スピードを一気に加速させるために、これ以上のものはない貴重な特典となります。

タイトルとURLをコピーしました